PAGE

衣食住について

私達が一生を生きていく上で最低限必要なものというのがあります。
その中でも、最も基本的なものに「衣食住」というものがあります。
この衣食住がそれぞれ指している要素はなんでしょうか?
まず、衣というのは「ころも」とも読むため、人間のころも、つまり、「衣服」「ファッション」のことを指しています。
動物の場合は毛皮や皮膚そのもので生きていて、魚類の場合は鱗などを身につけています。
それに習うなら、人類も全裸で生活するのが生物の本能的には正しいのかもしれませんが私達は、皮膚の上に人工的に造られた衣服を身に付けることで一生を生きていきます。
次の食というのは、そのまま「食事」「食文化」のことを指しています。
私達人間を始めとする生き物の大半は、食事という行為で栄養を摂取することでエネルギーを生み出して、日々を生きるための糧にしています。
その中でも、私達人間は、食を単なる栄養摂取のための行為以上に重要なものとして捉えていて、より美味しい物を食べるということは、人間が生きる目的の一つになっています。
そして、最後の住というのは、「住居」「居住」のことを指しています。
動物などの場合は、巣と呼ばれる場所がある場合もありますが基本的には、大地などの自然を寝床としている場合がほとんどです。
それに比べて、人間も昔は似たような生活を送っていましたが技術が進歩するに従って、人口建築物である住居を住処とするようになり、現在では建築物を住処とするのは人間の大前提になっています。
このように、衣食住というのは、私達人間の生活の基盤であり、柱になる非常に重要なものであり、このどれか一つでも欠けてしまうと、簡単に私達の生活は破綻してしまいます。