PAGE

生活の3分野とは?

人間が生きていく上で必要な生活というものは、非常に大きく分けると三つの分野に分類することが出来ると言われています。
では、その三つの分野というのは、それぞれ何を表しているのかという疑問が浮かぶと思います。
まず、その前に「何を持っての分類」であるかというのが重要になります。
それは、「家庭の内外における関係性」についてというものであり、この中で大きく三つに分類することが出来るというものになっています。
では、その分類とはどのようなものかと言うと、それは、「職業生活」「社会生活」「家庭生活」という三つになります。
まず、職業生活というのは、職業の選択や就職などや失業などの職に対する事柄のことを言います。
私達が日々を生活していく上で、非常に様々な場面で金銭というのが必要になります。
例えば、人間の生活の基盤である衣食住においても同様であり、衣服を購入するのにも、食事を食べるのにも、住宅を購入するのにもそれぞれに見合った資金が必要になります。
そして、その資金を調達するために必要な行為がこの、職、仕事であるため、私達人間の生活の中でも、この職業生活は重要なものになっています。
次に社会生活についてですがこれは、地域や社会などとの係わりやコミュニティなどのことを指しています。
これは、私達人間を始めとする生き物全般にとっても重要なものであり、方法は違っても、生き物は群れの仲間や家族などとコミュニケーションを取ることで様々な用途に役立てて生きています。
その方法も、様々ですが特に人間は、その手段が多彩であり、他者とコミュニケーションを取ることは私達の生活に欠かせないものになっています。
最後の家庭生活というのは、子育てなどを指しているものであり、これは、人間を始めとした生き物全般にとって重要なものになっています。
また、この家庭生活は子孫の残すための行為であることから、形態は異なりますが大抵の生物が行っています。
このように、私達の生活は大きく分けると三つの分野に分類することが出来ます。