PAGE

マナーについて

私達人間は、遥か昔から繁栄している生き物です。
そして、昔から私達人間社会には、様々な規則や規制、制限などの「ルール」を設けて生活して来ました。
例えば、何らかの犯罪行為を行った場合には、警察に逮捕されます。
それは、この犯罪行為を行った者が法律というルールに違反したために起こった結果になっています。
このように、私達人間は昔から、時にはルールに縛られて、時にはルールに守られながら生活して来ました。
また、このように生きていくためのルールというのは、私達人間だけでなく、動物などの生き物にも存在しています。
例えば、群れなどを作る場合は、ボスやリーダーと呼ばれる存在が必ず存在しているというのも生きていくためのルールの一つであると言えると思います。
つまり、私達人間の生活というのは、昔から現在に至るまで家族でもない他人がすぐ近くに存在する一種の集団生活のような形態を取り続けて来ました。
そして、十人十色という言葉があるように、思想や思考などは個人で違うものであるため、様々な危険や困難、弊害を来す可能性が非常に高いことから、このようなルールが定められるようになりました。
そして、このルールの一種として存在しているのが「マナー」と呼ばれるものです。
このマナーというのは、一般的に行儀や作法のことを指します。
このマナーというのは、大抵の場合が堅苦しく感じるものになっていますがその形態は、社会の中で人間同士が気持ちよく生活するための知恵であると言われています。
また、このマナーは、様々な要因によって異なるものである場合が多いため、ある国では、美徳とされるマナーが他国では不快なものになってしまう場合もあるため、注意が必要であるとされています。
また、基本的にこのマナーというものは、他者を気遣うという気持ちを所作として形式的にしたものであるとされています。