PAGE

食に関する作法

世界中には、数多くの国が存在していて、それぞれ文化や風習、人種などが異なる場合がほとんどですがどんな場所にもルールやマナーなどが存在していて、私達の生活を支えてくれています。
それは、世界中のほとんどの国で通用するような世界共通のルールから国や文化などの違いによる独自のルールまで幅広く存在しているものですが意外と曖昧であったり、不確定要素が多かったりすることが多いと言われています。
そんな中にも、ある程度形式が整っているマナーというのも幾つか存在しています。
そんなマナーの一つが「テーブルマナー」と呼ばれるマナーです。
このテーブルマナーというものは、食事をする時に必要になるマナーのことを言います。
また、このテーブルマナーは、大きく分けると「洋食」と「和食」のどちらの食事であるかによって、テーブルマナーが異なります。
また、中華料理や韓国料理など外国の料理の場合も、その国に趣いた場合は、テーブルマナーを守るのが好ましいとされていますが例えば日本にある中華料理店などで食事をする場合には、あまりテーブルマナーにこだわる必要はないと言われています。
また、私達日本人は和食のテーブルマナーはある程度知っていると思いますが洋食の場合のテーブルマナーにはどのようなものがあるのでしょうか?
例えば、「席に着いたらナプキンを膝にかける」や「フォークとナイフは、外側に置かれているものから順番に使う」などが洋食を食す際の基本的なテーブルマナーの例になっています。
このように、和食と洋食のテーブルマナーを比較した場合に、最も大きな違いは「箸」を使うか「ナイフ・フォーク」を使うかという違いだと思います。