PAGE

家庭とは?

人間は、動物などのように何の決まりもなく、同種の異性と子孫を残して良いというわけではありません。
法律や規則などを無視すれば人間でも可能ですが法律的には、人間が子孫を残すために結ばなければならない誓いというのがあります。
それは、結婚という誓いです。
そして、この結婚という契りを行うことによって夫婦になり、この関係になって初めて、子孫を残すのに最も適した形になります。
そして、この一緒に生活する夫婦や親子などのことを「家族」と呼びます。
そして、この家族とよく似た言葉に「家庭」と言う言葉があります。
この家族というのが一緒に生活している夫婦や親子のことを指すのであれば、家庭というのは一体何をさしているのでしょうか?
この家庭というのは、家族という概念の他にその家族が生活する場所も含めた状態を指します。
つまり、この家庭というのは、私達人間が形成している社会の中の最小単位に属している家族とその家族の生活の中心となる場所の両方を表す概念であり、主に家族の生活の中心、つまり家屋と不可分なものであるとされています。
しかし、これに全てが当てはまるわけではなく、例えば家を持っていない場合や一般的には家と認識されない場所に居住している家族も存在しているため、家庭そのものの概念が家に依存するものであるかどうかは、文化や風習などによって異なるため一概には言えないとされています。
また、個人的な価値観に基づいた場合には、ペットなど人間以外のものを加えて、このペットと生活を共有する場所も家庭の範疇に含めることもあるなど、家庭という定義には揺らぎが複数存在していると言われています。