PAGE

少子化の概要と原因

現在、日本を始めとする様々な国で問題になっているのが「少子化」という問題です。
この少子化というのは、出生率が低下することによって、子供の数が減少している状態のことを言います。
私達の次の世代を担う立場である子供が減少してしまうというのは、社会の衰退、ひいては種族の衰退を意味するものであるこれが続いた場合、最終的には人類の絶滅にまで繋がりかねないという、私達人類にとって由々しき事態であると言えると思います。
私達が日々の生活を送り、生きている意味と言っても過言ではないのが結婚と子育て、つまり、子孫を残すことであると言えます。
では、なぜ少子化という問題が発生するのでしょうか?
20世紀前半ごろは、感染症などに対する予防も治療も確率されていなかったため、妊婦や赤ちゃんの死亡率が非常に高かったことが主な原因として、少子化が起こっていたと言われています。
また、このような死亡率の高さを補うために、出産出来る女性は、出来る限り多くの子供を生むという方法であったために「多産多死社会」であったと言われています。
そして、20世紀後半では、死亡率が上昇する原因であった感染症などに対する予防や治療の方法が確率されたことで死亡率が低下して、その結果平均寿命なども飛躍的に上昇しました。
しかし、反対に一人の女性が出産する子供の数である合計特殊出生率は、種の保存の法則によって著しく低下しました。
その結果、多産多死社会から一変して少産少死社会になりました。
このように、社会に対して大きな影響を与える少子化は、現在の日本を始めとする先進国などで起こっている現在進行形の問題として危険視されています。